内科医から聞いた腸内環境を良くしてくれる3つのポイント

今から3ヶ月くらい前なのですが、私はちょっと内科に行きました。その理由ですが、便秘になってしまったのですね。
今思い返すと、ちょっと体が冷えてしまったのが原因だと思います。そして私はその内科の医師から、便秘を改善させる方法を聞いてきたのです。野菜類と水分と運動が、大きなポイントになるようですね。

 

野菜類と水分は便秘の改善効果が見込める

 

私たちが日々食べている食材の中には、ちょっと繊維が豊富な物があるでしょう。あのような食材は、実はお腹の環境を整えやすいと言われているのです。
野菜の中には、食物繊維が豊富に含まれています。それでお腹の中の環境がだいぶ良くなるので、便秘が解消される事例が多いという意見なのでしょう。
ただし食物繊維にも、2種類のタイプがあります。水溶性とそうでないタイプがあるのですね。後者のタイプの場合は、ちょっとお通じが悪くなってしまう事があります。水に溶けづらいという特性上、ちょっと消化に良くない一面があるからです。ですので野菜類を用いてお腹の環境を改善させようと思うのであれば、水溶性のタイプを選ぶと良いでしょう。

 

またその内科の医師によると、水も大きなポイントだそうです。そもそも人間のお通じは、水分と大きな関係があるのですね。水分を豊富に摂取していればお通じが促進されやすいのですが、逆に不足してしまっていると便秘になりがちなのだそうです。ですので普段から積極的に水を摂取すれば、それだけ便秘も改善されやすくなるでしょう。1日に1リットルくらいは、水を飲んであげると良いと思います。

 

蠕動運動を活発化してくれる適度な運動

 

またその内科の医師の話では、運動も良いようなのですね。ただし過剰な運動は、あまり良くないようです。運動し過ぎてしまっても逆効果になってしまうようなので、適度な運動を心がけるのが大切だと聞きました。
ちなみに私たちのお通じには、小腸や大腸の蠕動運動が関係しています。その運動が活発になっていればお通じが出やすくなる訳ですが、人によっては運動不足になっている事もあります。運動量が足りないと小腸や大腸の運動も不活発になってしまう傾向があるので、適度な運動を心がけるのが良いとの話を聞きました。

 

小腸や大腸の専門家である内科の医師の方がそのようにおっしゃっている訳ですから、やはり水分と野菜類と運動は腸内環境を良くしてくれると考えられるでしょう。どれもそれほど難しい事ではありませんし、お腹の調子があまり良くないと思っているのであれば、その3つを試してみるのが良いと思います。

 

参考サイト様@お通じ110番【乳酸菌で便秘すっきり生活】